yocchi sewing studio 初心者歓迎の洋裁教室in福岡

簡単楽しく自分だけのもの作り ファッションデザインと洋裁教室

ミシンの選び方について

ミシンの選び方について

ミシンの選び方

教室でよくご質問頂くミシンの選び方。
ミシン屋さんのように専門ではありませんが、いつもお伝えしていることをまとめます。
あくまでも私感の上、技術や情報はどんどん進化していますので、ご参考程度に。
詳しくは専門のミシン屋さんにご相談してくださいね。

職業用ミシンを購入した時の体験談

教室には職業用ミシンが3台あります。
1台目はブラザーのヌーベル自動糸切り
2台目はJUKIのシュプール糸切りなし
3台目はJUKIの自動糸切りサブテンション付きのものです。

3台目のミシンを購入する時には、用途と希望、予算がはっきりしていたので悩みませんでした。
高いな〜…と思って初売りを待ちましたが、ミシン自体で悩みことはありませんでした。

この時の希望はこんな感じでした

パワーが欲しいのでJUKIの丸針は必須
自動糸切りは必須、できれば足でも糸切りできるもので制作効率をあげたい
10万程度で購入したい
近くの実店舗で購入したい

その中でサブテンション付き、速度調節機能付きのものが選べたので、これに決めました。
結果、今もとても満足しています。

ミシンは値段相応、予算を決める

まず、ミシン屋さんに行って一番に聞かれることは「ご予算はおいくら位ですか?」ということです。
ミシンは値段相応であることが多く、まずいくら程度で購入するかをおおまかに決めておくのが良いと思います。

とはいえ、相場も必要な機能も分からなければ予算も組めない

そうは言っても予算を決めるのって難しいですよね。
「そもそも相場はおいくら位ですか?」とこちらからも聞きたくなります。
「このミシンならここまで出してもいい!」と思うのか
「この位のミシンで十分」と思うのか。
それが中々分からない。

私自身、職業用は3台目にしてやっと自分の理想と機能がマッチしました。
ミシンを初めて買おう、という時にはよりその判断は難しいと思います。

初心者歓迎洋裁教室福岡yocchisewingstudio

ミシンの値段差が出る部分

ミシンの値段差が出る部分をまとめてみました。
必要かどうかを考える参考になればいいなと思います。
私が購入した時に聞いたことですので、現在は変わっているかもしれませんが、
実際にずっと家用のミシンを使ってきて感じることも共通しています。

ミシンの重さ

ミシンが軽い:色々なところに持ち運べて便利だが縫っていて動く
家の中でも簡単に場所変えをして縫うことができます。
その反面、縫っていてミシン自体が動くこともあります。

ミシンが重たい:持ち運びにくいが重心が安定、速度を出してもミシンが動かず縫いやすい
その分重たいので持ち運びには適していません。

ミシンのパーツがプラスチックか金属か

重さ、にも関わってくるのですが、糸巻きや色々なパーツがプラスチックのものは
値段が安いものが多いです。
破損のリスクが金属より上がりますが軽く仕上がります。

縫い方の種類、バリエーション

家庭用ミシン一台を購入する場合、基本的に必要は機能は下記の部分だと思います。

・直線縫い
・ジグザグなど端始末(ロックミシンがあれば不要であることも)
・ボタンホール

縁かがりや裁ち目かがり、伸縮縫いなどあれば嬉しい機能もありますが、
最低限この機能があれば大抵のものは縫えると思います。

その上で、飾り縫い、刺繍のようなイニシャルなどミシンを比べていると
どんどん良い機能が付いているものが気になってきます。
色々な機能がつくほど値段は高くなります。

初心者歓迎洋裁教室福岡yocchisewingstudioホームソーイングも

自動糸切り機能

一番大きな違いは「自動糸切り」だと思います。
当時は「自動糸切りがあるのとないのでは1万くらい違う」と言われました。

毎日たくさんどんどん縫う場合は必須ですが、時々使う、糸切りが面倒でない方には不要な機能です。
値段差も大きい部分なので、使い方を検討してみると良いと思います。

ミシンで何を縫いたいか、どんな風に使いたいかと考えてみる

機能の違いを知った上で「自分はどんな風にミシンを使って、どんなものを縫いたいか」を考えてみてください。

  1. ミシンで縫いたいものは何か?
  2. どの程度の厚みの生地を縫うのか
  3. 飾り縫いなど装飾は必要なのか
  4. 自動糸切りは必要なのか
  5. 実店舗がいいのか

 

1:ミシンで縫いたいものは何か?

子供の学校用品を縫いたいのか、デニム製品を縫いたいのか、シフォンや繊細な生地も縫いたいのか、、、
カットソーも縫いたいのかによってもミシン選びはかわってきます。
まずは自分が作ってみたいもの、用途を考えてみてください。
「こんなものを作りたい、この程度の頻度で使う」ということを伝えるだけでも結構絞られると思います。

2:どの程度の厚みの生地を縫うのか?

これは結構重要なポイントで、ミシンのパワーに関わってきます。
パワーが強いと厚物、生地の重ねにも対応できますが、弱いとガガガガ…と言ってミシンが止まります。
針が細く適していない場合を除けば、この場合これ以上の厚みのものは縫えないミシン、ということになります。

デニムを何枚重ねて縫えるか、という見本などがあったりしますので自分が作るものと比べてみると良いと思います。
一般的には高いミシンの方がパワーがあります。

3:飾り縫いなど装飾は必要なのか

あれば嬉しい飾り縫い、色々なことができる方がお得で便利な気がしますね。
ただ、その機能はどのくらいの頻度で使うだろうかということも検討してみてください。
実際にはほぼ、直線縫いとジグザグがメインになってくると思います。

ミシン屋さんに行くとどんどん良いもの、色んな機能があるものが欲しくなってきますが、
使用頻度と金額、実際に使いそうなものを見比べて検討するのが良いと思います。

4:自動糸切りは必要なのか

1万程度の違いが出る「自動糸切り」
どのような機能かというと、縫い終わりにボタン一つで糸が自動で切れる機能です。

糸切りは簡単に感じますが、回数、使用頻度によってはとても面倒なものです。
また自動糸切りは機種にもよりますが、糸切り後に下糸の引き出しをしなくて良いのも嬉しい点。
毎回下糸を引き出し、長い糸を切り、小バサミに持ち替え…と効率よく進めようと思う時には、とても面倒な部分でもあります。
ただ、ミシンを使い始めたばかりの方や、これから慣れていこうという方にはそこまで必要に感じられない部分でもあると思います。
ミシンの左横に糸切りカッターが付いているものも多く、簡単に糸切りができます。

5:実店舗がいいのかインターネットがいいのか

インターネットの方が種類も多く、値段も安いものが多い印象です。
実店舗の場合は、実物を触り対面で購入できる安心感があります。
どちらの場合も気をつけたいポイントがあります。

ミシンの修理、保証

ミシンは機械ですので、壊れることも、調子が悪くなることもあります。
メンテナンスをしていても急に調子が悪くなったりすることも。
安くない買い物ですので、きちんと修理、保証をしてくれるお店が良いと思います。

売ったっきり…ではなく、その後の相談、アフターケアもしっかりしてくれるお店が良いと思います。
インターネットでも送料無料で修理をしてくれるところ、代わりのミシンを送ってくれるところ、
実店舗ではすぐに修理担当者がきてくれるところ、持ち込めるところ、、、

色々とケアがありますので、ミシンの値段だけではなくアフターケアができるかどうかも検討してみてください。

潰れそうなお店ではないか

修理、保証と重なりますが、アフターケアの点から潰れそうにないお店が良いと思います。
もちろん、直接ミシンメーカーとのやり取りもできますが、お店の方に気軽に色々相談できると便利だなと思います。

オススメの機能「フットコントローラー」

初心者歓迎洋裁教室福岡yocchisewingstudioホームソーイングも

教室のみなさんにもお伝えしているのですが
フットコントローラー
これだけはあった方がいいと思います。

両手があくので、生地をきちんと押さえたり、押し込んだり、いせたりすることができます。
手元のみの操作でも可能ですが、慌ててしまったり、速度調整がしにくかったりということもあり、
フットコントローラーはあった方が良いと思います。

ミシンを選ぶポイントまとめ

値段相応と言われるミシンですが、まずは、自分に必要な機能、縫いたいものを検討してみてください。
似たような機能、予算のものが何点か候補に出てくると思います。
その上で、メーカーやそれぞれの違い、縫い心地などを比べてみてください。

必要な機能がしっかり使えること

まずはこれがポイントだと思います。
その上で、予算が許すのであれば、ついていたら便利だなと思う機能を追加してくと良いかもしれません。

お気に入りのミシン、相棒が見つかり楽しい洋裁時間が過ごせますように。

 

福岡で初心者歓迎の洋裁教室「yocchi sewing studio」
ハンドメイドやソーイングを一緒に楽しみましょう!

レッスン予約&お問い合わせ

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top