yocchi sewing studio 初心者歓迎の洋裁教室in福岡

簡単楽しく自分だけのもの作り ファッションデザインと洋裁教室

洋裁の基礎 ③水通しについて

洋裁の基礎 ③水通しについて

裁断前に!布の持ち味を生かし、型崩れ縮みを防ぐ「水通し」

綿や麻の場合、水縮みや歪みを防ぐために予め「水通し」の作業が必要になります。
水通しは半日〜1日かかりますので、布を購入したらまず水通しをしておきます。
そうしておくと、作りたいと思った時にすぐ裁断をすることができますよ。

水通しの方法①ジャバラに折って水に浸す

  1. 大きめのタライや洗面器、浴槽などに水をたっぷりはります。
  2. その後生地を「じゃばらに折りながら」浸していきます。
  3. しっかり生地が浸ったら、そのまま半日〜一晩放置します。

布の特性初心者歓迎洋裁教室福岡ハンドメイド

水通しの方法②布を軽く絞って干す

  1. 布を軽く絞ります(ぎゅっとねじっては×、洗濯機の軽い脱水か可)
  2. シワを伸ばして布目を整えながら日陰干にします。

布目を整えてアイロンをかける

布目を整える感じでアイロンをかけます。
縦地の目をやや意識してかけていくのがおすすめです。

水通しの方法洋裁教室初心者福岡

洋裁の基礎④地直し

福岡で初心者歓迎の洋裁教室「yocchi sewing studio」
ハンドメイドやソーイングを一緒に楽しみましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top