yocchi sewing studio 初心者歓迎の洋裁教室in福岡

簡単楽しく自分だけのもの作り ファッションデザインと洋裁教室

ファッションデザイナーの仕事

ファッションデザイナーの仕事

ファッションデザイナーの仕事について

ファッションデザイナーって何するの?
自分が作った服を着てる人見ることある?とよく聞かれることがあります。

自分の仕事以外のことは、中々わかりにくいものですよね。

ファッションデザイナーといえば、華やかなイメージがあるかもしれませんが、少なくとも私の場合はそうではありません。
華やかさ(華やかな人はスタイリストさんとかに多い印象)よりも、職人気質を持った人が多い印象です。

うまく言葉にできるか分かりませんが、ファッションデザイナーを生業としてきた中で、分かることを書いてみようと思います。

ファッションデザイナーにも色々

ファッションデザイナーの大まかな種類

  • コレクションブランドのデザイナー
  • 自社ブランド(SPA)デザイナー
  • 卸ブランドデザイナー
  • フリーランスデザイナー

などなど
性別、製品の分類分けを省くとして、大まかにこんな感じかと思います。

中でも、世間の一番イメージにあるのは「コレクションデザイナー」かなと思います。
パリコレとかですね。

ファッションデザイナーの仕事、流行とデザイン提案

分類分けした中で、仕事上の一番の違いは「発信する内容」「デザインの方法」かなと思います。
「デザイン提案する時期やターゲット」によって、同じトレンドでも落とし込み方が変わってきます。
そして、それぞれの場所で適切な提案をして売れる商品を作っていくのが仕事となります。

  • コレクションブランドのデザイナー:流行を生み出す、発信する、価値を作る:最先端
  • 自社ブランド(SPA)デザイナー:流行を汲み取る、ブランドのコンセプトに落とし込む、ブランドとして発信する:提案早い
  • 卸ブランドデザイナー:流行の商品を作る、場合によってはブランドから注文を受けて提案する、万人受けするもの:提案期中
  • フリーランスデザイナー:ブランド、企業の注文に応じてデザインを提案する、ブランドごとの住み分けをする:提案その都度、トレンドが不要の場合も

「発信する側」なのか、「発信されたものを汲み取る側」なのか。
その中でも「自社ブランドに落とし込んで発信するのか」「売れそうなものを作るのか」という違いがあります。

好きなものを作ればいい、ではない

ファッションデザイナーの能力は「トレンドを汲み取る力」「売れ筋を作れる力」など色々あると思いますが、一番難しく感じているのは「トレンドを早く汲み取り、そのブランドらしく落とし込んで、売れるものに昇華させる」部分です。
自分が好きなものを作っていい訳ではなく「売れるもの」を作らなければいけないということです。
そしてその中に「オリジナリティがあること」。これがないとブランドの価値がないからです。
このさじ加減が難しいと思っています。

個人ブランドや、その人自身がブランドとなり発信している場合は別ですが、一企業のデザイナーになった場合には、好きなものでも諦めなければいけないことも多く、ブランドを通したフィルターかけをいかに上手に早くできるか、市場とマッチしているかがポイントになってきます。

情報収集が重要

そのため、たくさんの情報を得ること、早くトレンドを掴むこと、市場の動向を知ることはデザインする上でとても重要です。
コレクションの情報はもちろん、街や人や、カルチャーの影響も少なからず受けているので、色んな方向にアンテナを張っておくことになります。

そして、仕事とは別に「自分の好きなもの」もたくさん見るようにしています。
自分の感性を見失ってしまっては、そもそも自分がデザイナーとしてやるべきことがなくなってしまうからです。
「好きなものと作るもの」は違うかもしれません。
それでも、自分が自分の好きなものを知り、引き出しをたくさんにしておくことは、感性を磨いていくことになるのかなと思っています。

インプットとアウトプット

デザインする時、私の場合は、とにかくたくさん情報をとります。
これが良い方法なのか、今でもよく分かりません。
情報に振り回される部分も出てくるからです。

反対に自分の中から引き出していく人もいると思います。
それぞれ、デザインに対するアプローチがあると思いますが、私の場合は、まずインプット。

それから、頭の中が四六時中デザインでいっぱいになります。
あーでもない、こーでもないとひたすら悩み、考えます。
もう無理だ、できそうもない、と絶望していると、そのうちに、ふと結びついてきます。

この感覚が好きです。

そのあとは、形にしていきます。
形になると不思議なもので、もともとこれがあったもののように、これを導き出した苦しみが嘘のように、楽しく肉付けができていきます。
そして最後、締め切りギリギリまで悩みます。
デザインに正解はなく、完璧もないと思うからです。

小さな判断を積み重ねて作り上げた一つのものは、考え直すには紐解くものが多すぎて苦しいですが、
それでも、どうしても納得いかない場合は、1からやり直すこともあります。
意外と答えはシンプルだったりするのですが、悩みすぎると気づかないものだったりします。

こうして、アウトプット作業が終わると、締め切り後、ちょっと抜け殻のようになります。
自分の中にあるものは全部出し切った感じになり、
「次のものが生み出せるのか?」と、ちょっと不安になります。

それも不思議なもので、またすぐ気になるトレンドや商品、「かわいい!」と思うものを見ては「こんなものが作りたい」と湧いてきます。
インプットの時期が始まるわけです。

心動かされるとき

きれいなもの、素敵なものを見た時、心が動かされる時、イメージが湧いたり、何かを生み出したくなったりします。
たくさんのものに触れる、見ることは自分の好みに関係なく必要なことかなと思っています。

ファッションデザイナーに必要な勉強

ファッションデザイナーになるにはどうしたらいいの?と聞かれることもあります。
どんなデザイナーになりたいかにもよるとは思いますし、独学でも可能だと思いますが、

一般的には専門学校などで学んで、企業に入ることかなと思います。

ファッションデザインはイラストではなく、「人が着て美しいか」が着地点です。
デザインが素晴らしくても、その通りの製品にならなければデザインの価値がないからです。

  1. トレンドを汲み取る
  2. ブランドらしく落とし込む
  3. デザインを考える
  4. 考えたデザインを実現する

この3、4においては、デザインの感性だけではなく、素材、パターンの知識も必要になるためです。

素材

素材を知らないとデザインすることは難しいと思います。
素材の落ち感、肉感、特徴を知り、一番活かせる方法でデザインしていきます。

特徴的を知って、欠点を補いながらも、生かす方法を考えること。

素材のトレンドもありますので、素材からデザインを思いつくこともあれば、デザインにあった素材を選択していくこともあります。
思い通りの生地がない場合には、生地から生産することもあります。

パターン

思い通りの形を作るために必要なのがパターンです。
パタンナーさんが実際には型紙を作るわけですが、そもそも実現できないデザインの場合はどうしようもありません。

デザインを考える時、平面で考えることはありません。
おおまかに「ここはフレアーこのくらいのイメージで、切り替えよう」
「こんな感じの縫製ならできるはず」と頭の中では立体的にデザインが思い浮かんでいます。
それを絵や製品図、スペックとして伝えていきます。

私の場合は、それを形や数値化するのが苦手で「イメージはこんな感じなんです!!」と力一杯伝えることで進める場合も多くあります。
具現化できるパタンナーさんはやっぱり凄いなといつも思います。

それでも、どうしても仕上がったサンプルが思い通りの形やシルエット出ない場合は、自分でトワルを組んだり、細かな寸法を出して修正の指示を出したりもします。
そのくらい、数センチ、数ミリの違いがシルエットの違いを生みます。

それが「何かわからないけど、何かこのブランドのは好き」
という醸し出す雰囲気、洗練感に繋がっていく大事な点です。

最終的に「自分の思い描いているデザインにいかに近づけることができるか」というのもデザイナーの仕事。
そして「その通りに仕上がることは大前提、それは売れるんだよね」というのも仕事です。

そのためには、どうしても素材とパターンの知識は必要となってきます。
たくさん勉強してきたつもりでも、会社に入ってから、もっともっと勉強し直しました。
現場で当たり前のように使われていることに付いていくことに必死、もっと知らないと、と必死でした。

「パターンを知らないデザイナーは、パタンナーさんに相手にしてもらえないよ」とよく言われてきました。
そんなことはないかもしれませんが、「伝わらない」ということにはなるかもしれません。

縫製方法

縫製方法、縫い方もある程度理解できていないと、デザインが成り立つのか想像できません。
縫いが入るか入らないかで布の見え方は違ってきますし、特に私の場合は「ステッチ」を重視しています。

ステッチの機能面はもちろん、その幅、入れる箇所によって、見え方が全く違って見えます。

縫製の知識は工場さんに敵うはずもなく、いつも教えてもらいながら最適な方法を探っていますが、それでも全く見当違いな指示を出してしまうと話になりません。
自分なりに縫製手順を考えて実現できそうなものであること、その上でよりよい方法を探ったり、工賃を下げるために省ける部分はないかを探ったりしていきます。

最後にまとめ

長々と書きましたが、これが絶対という訳ではなく、私の経験してきた意見のひとつです。
コレクションデザイナーでは、また見えているもの、してきたことも違うでしょうし、性別やジャンルによっても違うかもしれません。

技術や知識はもちろん、やはり感性はデザイナーにとって、とても大事ですね。
好きなもの、可愛いもの、心動かされるもの、嫌いなものも、たくさんのものを見て、触れて感じたいと思います。

産みの苦しみ、作り手にはあるものだと思いますが、その先にある達成感、思い通りに仕上がった時、それが人気になったときの喜び、これが中々忘れられないものです。
素敵な職業だと思います。

悩むことも多いですが、やっぱりデザイナーの仕事が好きだなと思います。

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top